読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

somebody that I used to know

Now and then 
たまに
I think of when we were together
きみとの日々を思い出す
Like when you said you felt so happy you could die
例えば、君が幸せすぎて死んでもいいと言った時のこととか
Told myself that you were right for me
ぼくは自分自身に、彼女がそう言うならそうなんだろう、と思い込むようにしていた
But felt so lonely in your company
でも君といると、
深い孤独を感じていたんだ
But that was love and it's an ache I still remember
でもそれが愛だったし、心がズキズキする感じをぼくはまだ覚えてるよ

You can get addicted to certain kind of sadness
君はある種の孤独に
浸っていたんだよね
Like resignation to the end
Always the end
甘受できる限界にきた
そして全てが限界に
So when we found that we could not make sense
そして、僕たちはやり直しができなくなって
Well you said that we would still be friends
そんな時にも君は、わたしたちはまだ友達よといったよね
But I'll admit that I was glad that it was over
でもね、ぼくは君との関係がおわって、本当は嬉しかったんだ

But you didn't have to cut me off
でも切り捨てる必要あったの?
Make out like it never happened
And that we were nothing
まるで僕たちにはなにもなかったように振舞ってさ
And I don't even need your love
そりゃ僕はもう君の愛はいらないさ
But you treat me like a stranger
でも君はまるで僕のことを、知らない人みたいに扱う
And that feels so rough
それがとても辛いんだよ
You didn't have to stoop so low
そんな寂しいことしなくていいじゃないか
Have your friends collect your records
レコードも他の友達にとりにこさせて
And then change your number
そして番号も変えちゃったんだろ?
I guess that I don't need that though
こんな風には考えたくなかったけど
Now you're just somebody that I used to know
今やもう君は、ぼくの中で
何者でもない、ただの知ってる他人だよ