読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒衣の刺客

昨日、母親と黒衣の刺客を観に行った。
母は新聞の映画批評をとても信じている。星が5なら、確実に自分含め国民が皆観に行くべきだと思ってるし、星が2ならなぜこの世にこんな駄作が…と嘆いている。(とても愉快な母でしょ笑)
ただ、その殆どが映画批評家だけあって、大正解だったりするのでわたしも嬉々としてついていく。
今回もそれでだった。

黒衣の刺客は侯孝賢監督の作品。グリーンディスティニーなど、有名なので知っている人も多いと思う。今回のカンヌでは監督賞を受賞した。
撮影に5年費やしたという、その画面はとても美しく、まるで絵画のようだった。中国、台湾、日本で撮影しており、優美な唐の文化を色鮮やかに再現している。この映像を観ることができるというだけで、1500円の価値がある。
ストーリーだが、元のネタを知っている人でないと難しいかもしれない。
おそらくストーリーを伝えようと作った映画ではないと思う。
風景や、漂う静寂と孤独を妨げない演技しかキャストはしていない。
主役のスーチーはとても美しく孤独で、悲愴感があった。チャンチェンは相変わらず、端正な顔立ちで存在するだけでサマになるが、暴君設定なのにそこがあまり伝わらなかった。(その設定が最初わからなかったため、ハテナいっぱいでストーリーが進んだ)
あまり話すと、完全にネタバレなので、これから観る方たちに、原作のあらすじだけを伝えようとおもう。
この原作は、中国の仏教世界の話し。裕福なお家に産まれた女の子が、それはそれは両親に可愛がられて育っていた。まだ幼かったある日、道士がたまたまこの女の子を見て、とても筋がいいので武芸を教えたいと両親に説得する。しかし、両親は大反対。なぜ裕福な家庭の娘に武芸がいるのか、と。道士は「わたしは諦めない。必ずこの子を連れて帰ります。」翌日、この子は道士に攫われてしまった。十数年後、道士の下で武芸を教わり、立派な刺客となった彼女は、親元に帰る。このとき、彼女は道士から自分の主公を殺すように命令されていた……
そして……

というような話しだ。
このネタを知っていないと、正直難しい。さらに、当時の節度氏や朝廷の関係も簡単にしらべて行かれることをお勧めする。
とてもオススメな映画なので、ぜひたくさんの人に見て欲しい。
f:id:mei0987:20150924172741j:image

広告を非表示にする

やりたくない けどやらざるを得ないこと

免許のはなしだ

免許を取得せねば、という意気込みはあるものの、自分の性格などを考えると、事故をして自分だけならまだしも他人様様を巻き込んで、最悪、死に至らしめたらどうしようなどと考えてしまう。

ただ、やりたくないってことなんだけど。

でもまあ、履歴書の語学以外の資格欄に常に特になしとかくのも辛いので、30万かけて車の免許をとることにした。しかもオートマ。(ぶっちゃけるとATとMTの違いさえもわからぬ)
母親は台湾で車の免許をとったらしいが、その時はたったの3500元だったらしい。全部で。1万と5千円かよ👀💦

免許を取ってないのはわたしくらいだ。
友人の美女は車の免許だけでなく、もう大型バイクの免許まで持っており、ツーリングが趣味だという。(ショートカットの不二子を想像してしまうな…)

わたしも免許をとったらドライブが趣味で〜とか言うのだろうか…

入校日は27日から。
マリオカートでさえ、よく脱輪するわたしだけど、がんばりたい。

追記
今日、それなりに遠かったが噂のラーメンを食べに行った。時間ずらして行ったけど40分ほど並んだ。
でもその価値あり!!!
塩チャーシュー麺950円
f:id:mei0987:20150914183327j:image
クリーミーな鶏と豚のスウプが、麺とうまく絡んでて、麺も手作りらしくモチモチであった。

鯖缶✖︎そうめん 実践

先日のケンミンショーでやってたいた鯖缶✖︎そうめんを作ってみた。
まず材料はこれ
f:id:mei0987:20150912131632j:image
冷や麦がなかった(´・_・`)鯖缶はちょっとかっこいいパッケージのものにしてみた…
f:id:mei0987:20150912131744j:image
そうめんの量は1.7束くらい。ネギとミョウガも、鯖がなかなか魚臭いのでちゃんと添える。
f:id:mei0987:20150912131846j:image
投入。これじゃあ食べにくいので、細かくほぐす。
f:id:mei0987:20150912132003j:image
5分で完食!!!!!
最初の印象は、んまい!!はしが進む!途中、鯖缶から油をいれたりすると、今度は素麺に油がまとって、これまた美味しい。

鯖から油がかなり出るから、素麺ほんらいの爽やかさとかなくなっちゃうかな?とおもったけど、そんな心配はなかった。あとミョウガもたくさん入れたのもあって、魚臭さとかもない。(ただ、青魚が極端に苦手な人はきびしいかもしれない)

簡単に栄養が摂れてしかも美味しい!
山形県民おそるべしである〜〜💮

追記
ツウな人は、そうめんを食べた後にこのツユを(鯖入り)白米にかけて食べるそうだが、それはさすがに勇気がでない&お腹いっぱいでやめた。いつかやってみたい。

冷や麦とそうめんについて

昨日の秘密のケンミンショー(山形)の話だ。

山形では素麺の薬味の一つとして、鯖缶をいれるらしい(驚
江戸時代に、栄養のため素麺にニシンを入れて食べていたのが、大正になって更に安価な鯖缶が普及したために、今でも根付いているらしい。
私が驚いたのは、その鯖缶よりも、VTRで出てきた素麺が一様に太かったこと。わたしの地元は素麺の名産でいつもこの細さである。あんなに太いのは素麺じゃない!!ひ!や!む!ぎ!
↓素麺
f:id:mei0987:20150911085741j:image
↓冷や麦
f:id:mei0987:20150911090736j:image

調べてみると、素麺や冷や麦といった違いは麺の太さだけで分けられるようだ。
f:id:mei0987:20150911090138p:image
ただ、昔は麺の切り方も違ったらしい。(たしかに今はもうどれも機械の刃物で切るよね)
以下参考URL
http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXNASDB18002_Y4A710C1000000/

たしかに冷や麦の方が鯖缶の油をよく纏いやすいかも…とおもったり。
1度、冷や麦と鯖缶を買ってやってみたい。

沖縄旅行 3日目

3日目

この日は色々あって朝ごはんを食べずに十分に寝た。
天気は快晴、風もなく海も穏やか。また海に入る?とかいいつつ、名護までドライブに。
f:id:mei0987:20150910094106j:image
まずは古宇利大橋。雑誌で特集されていて、海の上の長い橋を渡りたいからという理由だけなんだけど、連れて行ってもらった!!!様々なトーンを重ねた海のブルーがとにかく美しくて。渡って、また引き返して終了。
f:id:mei0987:20150910094338j:image
f:id:mei0987:20150910094352j:image
さすがにお腹がすいたので、鶴屋で沖縄そばを。優しくてあっさりした味。人気店なのもわかるくらい、蒲鉾でさえ美味しかった。デザートに、違うお店でぜんざいを。沖縄のぜんざいは冷たいカキ氷版のことをいうのね!
f:id:mei0987:20150910094630j:image
車で30分。美ら海水族館へ。時間をみて、このまま急いでみて帰ったらまた海入れるね!ということになったので急ぎ足でみて回った。美ら海水族館にはジンベイザメが3体もいて、とにかく水槽の大きさと、魚の量にびっくり。
離れにはマナティ館もあって、丁度餌の時間だった。手を使って餌を食べる様子はとっても可愛いい。
ホテルへ戻って海へ入った。この日は、ライフジャケットを2人とも借りた。見た目はダサいけど、凄い楽。
f:id:mei0987:20150910095452j:image
夕飯はホテルの'おかめ'で
ドリンクメニューには泡盛が多く、飲んだことなかったので、意を決して頼んでみた。癖もあまりなく飲みやすかった(飲みやすすぎるので恋人が心配してお水を何度も注ぎ足してくれていた)。
f:id:mei0987:20150910095709j:image

f:id:mei0987:20150910095746j:image
あまり写真は撮ってないけれど(酔った)、特に美味しかったのがこの数点と豆腐餻。
お部屋に戻って、テラスでお酒を飲みつつ(また)沖縄で見つけた変わったお摘みを食べたりした。砂肝ジャーキーとか笑
この日はこれでおしまい。
仲良く寝た。

広告を非表示にする

沖縄旅行 2日目

沖縄旅行 2日目
朝起きたら完全に青空!
絶好の海!プール日和!と2人ではしゃぎつつも朝食のブュッフェをたくさん食べて、お部屋に戻り、仲良くお互いに50の日焼け止めを塗りまくった。
f:id:mei0987:20150909233242j:image
いい天気!と思っていたけれど、いざ海に入ろうとすると波が高くて風があり泳ぐのはなかなか大変であった。
わたしは泳ぐのが得意なので、恋人に浮き輪をわたして2人で遊んだ。ただ波が高くて疲れてきたので、途中砂浜でトンネルを掘るなどもした。
f:id:mei0987:20150909233631j:image
ちゃちく見えるけど、結構大変だったの…トンネルを通る時はこれから有難がって通る(´・_・`)
この日はとにかくずっと海に入ってた。
部屋で休んでから、ちかくの漁業組合がやってる飲食店へごはんをたべに行った。
f:id:mei0987:20150909234002j:image
これがもずくの天ぷら。玉ねぎとからめて揚げたみたい。天ぷらは水分あるとよく油が跳ねるから、家ではできないかな〜
f:id:mei0987:20150909234133j:image
グルクンの唐揚げ定食。手前の小皿にあるのは刺身なのだけど、醤油じゃなくてミリンをさっと通して味噌で食べるのもなかなかいいな〜と◎新たな発見!
f:id:mei0987:20150909234326j:imagef:id:mei0987:20150909234349j:image
恋人が好きだったフチャンプルー。チャンプルって苦瓜入れるもんだと思ってたけど、、フという選択肢があるんだなって。
帰りに地元のコンビニのようなところへ寄り、お水や珍しいものを買って帰った。マンゴーを切ったパックを1つおまけしてくれて、それがとっても美味しかったのを覚えてる。

この日はその後、お部屋に戻って、サッカーの代表選をみたり大浴場にいったりしてゆったりまったり過ごした〜
広告を非表示にする

沖縄旅行 1日目

9/2から9/5
沖縄旅行。
3回目の恋人との夏旅行!
旅行の2日前、相手が喉の風邪に罹り、高い熱を出したのでとても心配した。きっと無理してくれたのだろうけれど、一緒に行ってくれて、とても感謝してる!!
1日目
沖縄では那覇空港から泊まるオクマリゾートまでレンタカーで向かった。暗い道を走ってる中、相手の咳を助手席で聞いてるととても申し訳なくて、やっぱりわたしもちゃんと車の免許を取ろうと固く思ったことが1日目の中で1番印象的だったかもね笑
f:id:mei0987:20150909092853j:image
夕陽が見えるような時間だったので、下の道を通ってホテルへ向かっていたのだけれど、割と渋滞だった。
本当は万座毛で夕陽を見る予定だったけど、美浜ビレッジを過ぎたあたりで(夕陽が沈む)いい頃合いになっちゃったから、近くの海岸で車を止めた。
穏やかな海の風と音が海なし県のわたしには新鮮で、ずっとにこにこしてた(他に嬉しさの表現ができなくて笑)
そういえば、周りにはたくさん野良の猫ちゃんもいた!いつも通り、猫に向かってにゃーんて鳴いたら、お前が鳴くな笑っておきまりの文句を言われて大爆笑。(でも猫見たら挨拶したくなるのはわたしだけじゃないよね?!)
f:id:mei0987:20150909172442j:image
夜ご飯は、るるぶにのっていた有名な沖縄料理屋へ寄って食べた。わたしはテビそば。来た時はインパクトにびっくりした!だって豚足と冬瓜で下の麺が見えなくて…麺は細めので平らで割とあっさりとしたスープ。恋人は小さめの沖縄そばとじゅーしいーという沖縄の混ぜご飯を。このじゅーしいーがすっごく美味しくて!!(他のお店でも食べたけどここが一番美味しかったかも)ラードおいしー!てかんじ。
f:id:mei0987:20150909172936j:image
あまりにも美味しかったから、家族にじゅーしいーの素を買っちゃったくらい。(上の写真はお家で作ったもの)
無事に21:30くらいにホテルについて仲良くねた!
長くなったから2日目はまた次〜

広告を非表示にする